お知らせ

院外処方への移行のお知らせ

現在、厚生労働省は医薬分業をすすめており、すでに多くの病院・診療所では院外処方の移行が進んでいます。 当院におきましては、開院以来、院内処方を継続してまいりましたが、この度、外来診療での投薬を「院外処方」に移行させていただくことに致しました。

平成28年10月1日より「院外処方」へ移行します

「院外処方」にすることによって、今まで以上にお薬の飲み方や、お薬に関する指導をきめ細かく受けられるようになります。また、「かかりつけ薬局」では、他の医療機関で処方されたお薬と当院で処方されたお薬の、相互作用や飲み合わせについても説明をうけることができ、薬の安全性が一層確保されることになります。
なお、当院の薬剤師は、入院患者さんの服薬指導、治療薬剤の説明、注射薬の調合などに専念し、より質の高い医療を提供できるように取り組んでまいります。
小児科の急性疾患については、原則従来通り、受付から診察・投薬・会計までを小児科で実施します。

医薬分業(院外処方)Q & A

医薬分業とは?

病気になったり慢性疾患などで医師の診察を受けた際に、病院でお薬を調剤して患者さんに渡す代わりに、医師が処方せんを書いて患者さんに渡します。このように、医師は診療に専念し、薬は保険薬局の薬剤師が調剤する制度を医薬分業といいます。

なぜ、医薬分業をするのですか?

医師と薬剤師が、それぞれ専門家の立場から処方せんをチェックすることによって、薬をより安全に使っていただけるようになります。当院の患者数から、医師や薬剤師が外来患者さんに十分な薬の説明をする時間が作れない状態となっているのが実情ですが、医薬分業によって保険薬局においても、ご自身が使う薬についての十分な説明を受けることができるとともに、処方せんのダブルチェックによって安全性確保と情報開示行われるものと考えています。

かかりつけ薬局とは

かかりつけ医を決めておくことと同様に、かかりつけ薬局を決めておくと安心できると思います。薬局では、患者さんごとに薬歴を作成して、それを基に処方された薬が他の薬と相互作業を起こすおそれがないかなどをチェックしています。いつも同じ薬局を利用されれば、1箇所の医療機関で処方された薬だけでなく、他の医療機関で処方された薬との重複、相互作用などのチェックも可能となります。

医薬分業の良い点

十分な薬の説明や服薬指導がうけられ、納得のうえ服用することができます。薬歴管理などにより、重複投与や相互作用のチェックなどが受けられます。医師と薬剤師により、別の立場から処方の内容をチェックされるので、薬に対する安全性が増します。在宅医療に使用される医薬品の配達が、一部条件付きで可能になります。

医薬分業の不便な点

医薬分業の不便なところは、医療機関と保険薬局の二箇所に行く必要があり、当然のことながら患者さんにはご面倒をおかけすることになります。また、現在の健康保険制度では、病院と保険薬局の薬剤師の技術料が異なるため、医療機関で薬をもらう場合に比べて、患者さんのお支払いになられる窓口負担が、少々増えてしまいます。

薬をもらえる薬局は?

薬をもらえる薬局は、「保険薬局」「保険調剤薬局」「処方せん受付」などの表示がされています。ご自宅近く、通勤途中の薬局など各人が便利な薬局を〝かかりつけ薬局〟としてご利用ください。

家族が処方せんを持っていっても薬がもらえますか?

患者さん本人でなくても、処方せんを持っていけば薬はもらえますが、処方せん発行日も含めて4日間(日曜日、祝祭日も4日の中に含む)の有効期限内にもらう必要があります。

医師にかからなくても薬を調剤してもらえますか?

薬局で薬を調剤してもらうには、医療機関で発行される処方せんが必要となります。医師が、その都度患者さんの状態を診察し、発行するものですから、必ず医療機関を受診される必要があります。また、薬が無くなった場合も同様となります。

薬局で調剤してもらった場合も医療費控除の対象になりますか?

医療機関で支払った負担金と同様に、薬局で調剤してもらったときに支払った分も医療費控除の対象となります。薬局での窓口負担時の領収書は大切に保管してください。

休日や深夜でも薬局で薬をもらえますか?

現在のところ、休日や深夜に営業している薬局は非常に限られています。薬局の営業時間内に取りに行かれますよう、お願いいたします。なお、当院の時間外(救急)受診された場合の患者さんのお薬は、特段の申し出のない限り、従来通り院内で調剤して直接お渡しします。

pagetop

Copyright(c) Kyoto Kyoritsu Hospital All Rights Reserved

公益社団法人京都保健会 京都協立病院

外来診療 受付時間

午前診 月〜金曜

8:30~12:00

診察は9:00開始
皮膚科(金曜日のみ)は
10:00診察開始~11:30まで

午後診 月・水・金曜

15:30~19:00

内科(月・金曜日)、
外科(金曜日)は17:00診察開始
小児科(月・水・金)は16:00時診察開始
皮膚科(月曜日のみ)は
16:00診察開始~18:00まで

外来診療体制表はこちら

公益社団法人京都保健会

京都協立病院

〒623-0045
京都府綾部市高津町三反田1番地

0773-42-0440

お問い合わせはこちら

無料送迎バス運行表

スタッフBlog

ウェブカメラ

小児科 Iチケット

無料低額診療事業