スタッフブログ

スタッフブログ

2018年7月

2018.07.27

7月のお楽しみ・・・七夕と土用の丑

◆七夕の行事食は…  

恒例の「散らし寿司と冷やし素麺汁」。

 

 

主食がお粥や粥ミキサーの患者様にも、散らしの具材をアレンジして盛りつけました。

 

 

 

「おいしかったで!」「暑い時期はやっぱり素麺やわ!」と患者様。

その一言に元気を頂いています。m(__)m 

 

 

 

◆「土用の丑」は、やっぱり「鰻(うなぎ)」!

 

 

 

季節の変わり目にあたる「土用の丑の日」。

疲労回復や食欲増進に効果的なビタミンAやビタミンB群などが

多く含まれる「鰻」を食べるのは、 夏バテ防止にピッタリ。

万葉集にも詠まれている夏の鰻。先人の知恵は理に適っていますね。

 

酷暑の夏。

患者様にも夏バテ知らずで過ごして頂けるよう願っています。

 

 

栄養課

2018.07.24

医療懇談会…講師デビュー

先日『私たちの将来と社会福祉』というテーマで、

健康友の会・ヨガサークルのみな様を対象にした医療懇談会が開催されました。

講師は、よりそい支援連携室のYさんで『介護保険と私たちの生活』という内容でお話しをされました。

 


 

 

高齢者や介護保険というキーワードでは、

何ひとついいニュースがない昨今ですが、

今ある社会制度や社会資源を知りそれを活用することで、

少しでもより良い生活を送るということは私たちの権利です。

知っているのと知らないのとでは大きな差が生まれます。

Yさんのお話では、そういうことをお伝えする構成で、わかりやすい内容となっていました。

 


 

 

講演後の質疑応答の時間には、

質問以外にも実際に今介護に携わっておられる方の

声や体験談もお聞かせ頂いて、私たちも大変勉強させて頂きました。

このような懇談の機会を持つことはお互いに利益をもたらし、

よりよい暮らしに繋がると思います。

今後また、このような機会があれば是非参加したいと思います。

 

よりそい支援連携室(A)

2018.07.13

ホスピタルアート 第4弾

夏バージョンの今回は…

海底をイメージして、魚や貝、えいやイルカ、たつのおとしご、などなど、

それぞれにいろんな海底の仲間たちを作成して飾り付けをしました。

 


 

普段、協力して何かを行う機会が少ない理学療法士ですが、

ホスピタルアートの飾り付けの時には、配置を考えたり、貼り付けを協力しあったり、

普段見られない楽しそうな職員の表情も見られます。

 

 

 

出来上がった壁を見て患者さまに笑顔が見られますように!!

 

 

 

 

リハビリテーション課 М

2018.07.10

みなさんの願いが叶うように・・・

今月のOTレクリエーションは毎年恒例の「七夕飾り」をしました。

 

 

「足がしっかりしますように」

「早く元気になれますように」など、患者さんの願いは様々です。

 

 


 

みなさんの願いがかなうよう私たち職員も頑張らないと!と思うばかりです。

 

 

 

 

リハビリテーション課 作業療法士

 

 

先週からの豪雨で、犠牲になられた方々にお悔やみ申し上げ、

被災されたみなさんにお見舞い申し上げます。

日常の生活が戻るには、まだまだ時間が必要かと思いますが、

私たちも日常業務と同時に、出来ることから支援の輪を広げて行きたいと考えています。

 

2018.07.09

医療懇談会 いざという時のために…

7/5(木)午後 小児科医療懇談会を開催しました。

 

今回は、毎年好評の玉木院長による「乳児・小児の心肺蘇生講習会」。

 


 

あいにくの雨の中、8名の方にご参加いただきました。

 

 

 

 

AEDのデモ機が正常作動しないというトラブルが発生し、ご迷惑をおかけましたが、

 

 

 

 

「話を聞くだけでなく、実技もあったのでよかった。」

 

「2年ぶりの講習会でした。忘れていることも多かったです。

AEDを使うような命にかかわる場面がないことを願いつつ、来年も参加できるようにしたいです。」

 

「先生もスタッフの方も親切で話しやすく良かったです。ありがとうございました。」など、

たくさんの感想を聞かせていただきました。

 

 

 

ご参加頂いたみなさん、お疲れ様でした。

 

小児科

 

 

pagetop

Copyright(c) Kyoto Kyoritsu Hospital All Rights Reserved