地域包括ケア病床の紹介

地域包括ケア病床の紹介

地域包括ケア病床の紹介

在宅生活を続けられるように、一時入院を通して患者さま、ご家族さまをサポートいたします

地域包括ケア病床とは

地域包括ケア病棟は、急性期治療後の患者様や、在宅・施設療養中の方々が在宅復帰に向けた効率的な医療・看護・リハビリを行うための病棟です。
4階病棟の52床のうち一般病棟:18床、地域包括ケア病床:34床設けています。一般病棟で急性期の治療を終えられた後、「在宅へ帰る準備をしたい」、「もう少しリハビリを・・・」という要求に お答えしつつ「患者様や家族様に寄り添える支援できる」病棟をめざしています。又、地域や関連する施設との連携を大切にし、亜急性期から在宅への「架け橋」の役割を果たすことを意識しています。

入院の対象になる方

  • 入院治療により状態は改善したが、もう少し経過観察が必要な方
  • 入院治療により病状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な方
  • 在宅支援入院(※)

(例)
 医療行為や治療内容により、介護保険サービス(ショートステイ等)の利用に制限のある方
 在宅で実施困難な検査を必要とされている方
 在宅生活を続けるのが一時的に困難な状況にある方
 脳卒中や骨折の既往があり、定期的なリハビリテーションを実施した方が望ましい状態にある方

入院期間は?

「地域包括ケア病床」に入ってから(転床含む)、病床等により変動いたしますが、最長60日以内での退院となります。
「地域包括ケア病床」への転床にあたっては、主治医など多職種で検討し判断します。その際は患者様やご家族の方へのご説明・ご提案をさせていただきます。
※転床の場合は、お部屋が変更になりますのでご了承ください。

入院費用について

この病棟は「地域包括ケア病棟入院料」となります。
この入院料は、入院基本料・投薬料・注射料・処置料・検査料・画像診断料・リハビリテーション料などが含まれています。(食事代は別途料金が必要です)※詳しくは医事課職員、よりそい支援連携室にお尋ねください。
高額療養費制度により、月の医療費は上限が定められている方は、ご本人の負担額は急性期病院とほぼ変わりません。
他医療機関への受診には制限がございます。受診が必要な場合や、既に定期受診されている場合は、病棟看護師までお声掛けください。

「在宅支援入院」のご案内

※在宅支援入院は、当院独自の取り組みです。
在宅で療養されている患者様に、より長く自宅療養を継続いただくため、当院では「在宅支援入院」をご案内させていただき、これまでに多くの方にご利用いただいています。反復してご利用いただく方もおられます。
具体的には、在宅で療養中の方へのリハビリ目的の入院や、医療の必要性から介護施設では対応できない短期入院など、ご案内しています。患者様により、理由・形態は様々です。お気軽に、よりそい支援連携室までお問い合わせください。

Aさん

60代で脳出血の後遺症のある女性。発症後デイケアなども利用されず独居生活を続けてこられました。自宅で転倒されてから、身体機能が低下したため、当院地域包括ケア病床に入院されました。入院後、スタッフからご自宅でのリハビリ方法などをご指導し、ご自身の自信へとつながりました。

Bさん

80代、脳梗塞後遺症のある男性。息子さんと二人暮らし。 もともと身の回りのことも介護が必要な状態でしたが、転倒後の痛みで寝たきり状態に。このままでは在宅生活の継続が難しいと、当院の地域包括ケア病床へ入院されました。入院後、痛みのコントロールと日常動作訓練を中心にリハビリを実施。退院時には歩行器歩行、排泄自立まで回復されました。退院後は再び以前の生活を送れるようになられています。

Cさん

80代、脳梗塞後遺症のある男性。自宅では寝たきり状態で、週1回のデイサービスを利用しながら生活を送られていました。ご家族の介護の休息目的で当院の地域包括ケア病床へご入院。リハビリでは、離床する機会を増やし、車椅子座位の定着、座位での食事摂取など取り組みました。退院時には車椅子での食事は可能となり、屋外への散歩まで可能となりました。入院中に可能な限り離床した生活を送られたことで、ご自宅での生活を継続できる一助となりました。

※写真と事例紹介は無関係です。

リハビリテーション課スタッフより

当院の在宅支援入院を多くの皆様にご利用いただき、本当にありがとうございます。
ご入院された全ての患者様にリハビリを提供できるわけではありませんが、地域包括ケア病床開始時より、患者様が在宅生活を続けることができるよう、リハビリの時間以外でも離床できる環境づくりや、自宅では難しい要望などにも応えていけるよう日々取り組んでいます。
ご退院されてから、患者様がスタッフに元気な姿を見せていただくことがモチベーションにも繋がっています。今後も患者様の在宅生活を支援できるよう、微力ながら尽力いたします。お申し込みをお待ちしています。

pagetop

Copyright(c) Kyoto Kyoritsu Hospital All Rights Reserved

公益社団法人京都保健会 京都協立病院

外来診療 受付時間

午前診 月〜金曜

8:30~12:00

診察は9:00開始
皮膚科(金曜日のみ)は
10:00診察開始~11:30まで

午後診 月・水・金曜

15:30~19:00

内科(月・金曜日)、
外科(金曜日)は17:00診察開始
小児科(月・水・金)は16:00時診察開始
皮膚科(月曜日のみ)は
16:00診察開始~18:00まで

外来診療体制表はこちら

公益社団法人京都保健会

京都協立病院

〒623-0045
京都府綾部市高津町三反田1番地

0773-42-0440

お問い合わせはこちら

無料送迎バス運行表

スタッフBlog

ウェブカメラ

小児科 Iチケット

無料低額診療事業