回復期リハビリテーション病棟の紹介

回復期リハビリテーション病棟の紹介

専門医・スタッフ紹介

医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー等が共同して患者様の病状に応じた個々のプログラムを実施し、実生活での自立を目指していきます。

医師

チーム医療を実践していきます。患者様を中心に、担当する医療専門チームを組みそれぞれの専門性を話し合いながら、その患者様にとって最も良質の治療やケア、リハビリテーションを行っていきます。

看護師・介護福祉士

患者様の疾患を考慮して全身的な観察を行い、合併症の早期発見や予防に努めます。また、リハビリスタッフや看護補助者とともに、リハビリで獲得した能力を日常生活に活かせるように連携をはかっていきます。

理学療法士

体の状態や退院するときに考えられる環境を考慮して、一人ひとりに必要な運動を提供します。それは、退院後必要な階段昇降、長距離歩行訓練、立つことが難しい方への起立訓練などの他、必要であればご家族様への介助方法の伝達を行います。

作業療法士

病棟を生活の場と考え、更衣やトイレ動作などの日常生活動作訓練を行います。そして、リハビリの時間以外でも他職種との連携をとりながら、できる所はご本人に、できない所は補いながら練習を重ねるよう、援助します。
ご本人の役割や習慣の再獲得に少しでもつながるように、調理訓練、趣味活動なども訓練に取り入れ、元の生活に近づくことができるよう援助します。

言語聴覚士

言語聴覚療法では、失語症、運動性構音障害、嚥下障害、高次脳機能障害に対し評価・訓練・指導を行なっています。
必要に応じて嚥下造影検査や嚥下内視鏡検査を実施し、口から安全に食べる練習をします。

ソーシャルワーカー(社会福祉士)

介護・医療の相談や経済、心理、社会的問題などの入院中や、退院後の生活について相談を行い支援します。

管理栄養士

医師・看護師・リハビリスタッフ・管理栄養士が密接に関わり、適切な栄養管理のもとでリハビリが行えるようにします。
そして、筋肉量の維持・改善を測り、患者様の生活能力の向上を目指します。

pagetop

Copyright(c) Kyoto Kyoritsu Hospital All Rights Reserved

公益社団法人京都保健会 京都協立病院

外来診療 受付時間

午前診 月〜金曜

8:30~12:00

診察は9:00開始
皮膚科(金曜日のみ)は
10:00診察開始~11:30まで

午後診 月・水・金曜

15:30~19:00

内科(月・金曜日)、
外科(金曜日)は17:00診察開始
小児科(月・水・金)は16:00時診察開始
皮膚科(月曜日のみ)は
16:00診察開始~18:00まで

外来診療体制表はこちら

公益社団法人京都保健会

京都協立病院

〒623-0045
京都府綾部市高津町三反田1番地

0773-42-0440

お問い合わせはこちら

無料送迎バス運行表

スタッフBlog

ウェブカメラ

小児科 Iチケット

無料低額診療事業