スタッフブログ

スタッフブログ

各部門より

2018.08.03

糖尿病教室・・・自分にあった目安量をみつけよう

今回は「初心にかえろう糖尿病 健康食だと知っていましたか」がテーマです。

 

1部は毎回好評の試食会。

連日の猛暑。熱中症予防に水分補給は大切ですが、

一方で栄養不足だと夏バテのリスクも高くなってしまいます。

この暑さを乗り切る鍵は「低栄養予防」。ということで、今回のメニューは…

 


 

 

 ●サバの水煮缶のポン酢かけ…缶詰だと火を使わないので調理も簡単です。水煮でも塩分は入っています。

 ●人参のヨーグルトサラダ…夏野菜と一緒に盛り付ければ、豪華なメインの一品に。

 ●具だくさんの豆乳みそ汁…いつものお味噌汁に一工夫。目先も変わって食が進みますね。

 

お腹がいっぱいになったところで、2部は「食事療法」のお話です。

 

 

 

適正なエネルギー量で、バランス良く、規則正しい食生活。

それが体に良いことは、誰もがわかっているのですが…

 

実際は…

外食も行きたいし、料理は面倒だし、お酒もお菓子もやめられないし…

糖尿病であっても、そうでなくても悩みどころですね。

大切なのは自分にあった目安量です。

それを掴んでいただくコツをお話させて頂きました。

 


 

患者様の不安が少しでも和らぐように、

糖尿病とうまく付き合っていただけるように、教室の内容も一工夫。

次回は、9月に開催予定です。

スタッフ一同 ご参加をお待ちしています。

 

外来 糖尿病チーム

2018.07.27

7月のお楽しみ・・・七夕と土用の丑

◆七夕の行事食は…  

恒例の「散らし寿司と冷やし素麺汁」。

 

 

主食がお粥や粥ミキサーの患者様にも、散らしの具材をアレンジして盛りつけました。

 

 

 

「おいしかったで!」「暑い時期はやっぱり素麺やわ!」と患者様。

その一言に元気を頂いています。m(__)m 

 

 

 

◆「土用の丑」は、やっぱり「鰻(うなぎ)」!

 

 

 

季節の変わり目にあたる「土用の丑の日」。

疲労回復や食欲増進に効果的なビタミンAやビタミンB群などが

多く含まれる「鰻」を食べるのは、 夏バテ防止にピッタリ。

万葉集にも詠まれている夏の鰻。先人の知恵は理に適っていますね。

 

酷暑の夏。

患者様にも夏バテ知らずで過ごして頂けるよう願っています。

 

 

栄養課

2018.07.24

医療懇談会…講師デビュー

先日『私たちの将来と社会福祉』というテーマで、

健康友の会・ヨガサークルのみな様を対象にした医療懇談会が開催されました。

講師は、よりそい支援連携室のYさんで『介護保険と私たちの生活』という内容でお話しをされました。

 


 

 

高齢者や介護保険というキーワードでは、

何ひとついいニュースがない昨今ですが、

今ある社会制度や社会資源を知りそれを活用することで、

少しでもより良い生活を送るということは私たちの権利です。

知っているのと知らないのとでは大きな差が生まれます。

Yさんのお話では、そういうことをお伝えする構成で、わかりやすい内容となっていました。

 


 

 

講演後の質疑応答の時間には、

質問以外にも実際に今介護に携わっておられる方の

声や体験談もお聞かせ頂いて、私たちも大変勉強させて頂きました。

このような懇談の機会を持つことはお互いに利益をもたらし、

よりよい暮らしに繋がると思います。

今後また、このような機会があれば是非参加したいと思います。

 

よりそい支援連携室(A)

2018.07.10

みなさんの願いが叶うように・・・

今月のOTレクリエーションは毎年恒例の「七夕飾り」をしました。

 

 

「足がしっかりしますように」

「早く元気になれますように」など、患者さんの願いは様々です。

 

 


 

みなさんの願いがかなうよう私たち職員も頑張らないと!と思うばかりです。

 

 

 

 

リハビリテーション課 作業療法士

 

 

先週からの豪雨で、犠牲になられた方々にお悔やみ申し上げ、

被災されたみなさんにお見舞い申し上げます。

日常の生活が戻るには、まだまだ時間が必要かと思いますが、

私たちも日常業務と同時に、出来ることから支援の輪を広げて行きたいと考えています。

 

2018.07.09

医療懇談会 いざという時のために…

7/5(木)午後 小児科医療懇談会を開催しました。

 

今回は、毎年好評の玉木院長による「乳児・小児の心肺蘇生講習会」。

 


 

あいにくの雨の中、8名の方にご参加いただきました。

 

 

 

 

AEDのデモ機が正常作動しないというトラブルが発生し、ご迷惑をおかけましたが、

 

 

 

 

「話を聞くだけでなく、実技もあったのでよかった。」

 

「2年ぶりの講習会でした。忘れていることも多かったです。

AEDを使うような命にかかわる場面がないことを願いつつ、来年も参加できるようにしたいです。」

 

「先生もスタッフの方も親切で話しやすく良かったです。ありがとうございました。」など、

たくさんの感想を聞かせていただきました。

 

 

 

ご参加頂いたみなさん、お疲れ様でした。

 

小児科

 

 

2018.06.26

「いつでも元気」 楽しくてお得な情報満載です

お気づきでしたか?


「いつでも元気」7月号に、

当院の栄養課職員の記事が掲載されています。

「いやぁ~すごいな…」とついつい笑顔に…。

 


 

記事は管理栄養士さん、献立は調理師さんで分担されたそうです。

どれも、美味しそうですね。

 

 

 

快眠のカギは朝食にあり。
どれか一品 挑戦してみませんか?

 

 

 

「いつでも元気」は、

全国の民医連事業所や共同組織の取り組みが

掲載されている月刊誌です。

 

政治の話、映画の紹介、旅の記事、クロスワードなどなど、

気軽に読める記事満載で1ヶ月380円!お得ですよ。

個人的にお気に入りの記事は「医者の言い分・患者の本音」です。

 

購読お申し込みは、友の会事務局まで…。連絡先 0773-43-0519

 

よりそい支援連携室(ひだまりの柚子の木)

2018.06.25

731部隊を知っていますか?…恒例の平和学習会

毎年、社保委員会では、8月の原水禁世界大会へ参加者を派遣する取り組みと一緒に、

「平和って何んだろう?」を考える場として、平和学習会を企画しています。

 

今回は、京都市内より支援に来て頂いている、武田英希医師を講師に

「731部隊とは?~戦争に利用された医療~」というテーマで企画したところ、

職員・健康友の会の会員さんなど43名の方にご参加頂きました。

 

 

 

武田医師は、医学生の頃に「自分の先輩である京大医学部出身の医師や研究者が、

731部隊に関わっていた」という事実に驚き、医学生ゼミナールで「731部隊と京大医学部」を

テーマに研究・発表されたことがあり、今回、その内容を改めてお話頂きました。

 

冒頭、武田医師から「731部隊って何?初めて聞く方?」と質問があり、

参加者の3分の1くらいの手があがりました。

 


 

第二次世界大戦中に、中国に侵略した関東軍(日本軍)が、

現地の捕虜(中国人など)に人体実験をおこなったという歴史の事実は、

何度、聞いてもツライ気持ちになってしまいます。

 

その責任者であった幹部たちが、人体実験のデータをアメリカに譲る代わりに

戦争責任を問われることなく免罪され、戦後の医療界・製薬業界でトップに君臨していたこと。

その中で、人命軽視の経営方針を推し進め、何度も薬害が繰り返されてきたことを、

私たちは忘れてはいけないと改めて感じました。

 

「人の命は、羽毛よりも軽い」そんな時代に逆戻りさせないためにも、

戦争だったから、命令だったから… 仕方がなかったのか?

そのことをもう一度自分自身に、それぞれが問いかけて欲しいと思いました。

 

 

当日は、栄養課のYさん特製のチョコレートプリンの販売も…。

 

 

 

「スィーツは苦手」と謙遜されていましたが、

トッピングのチョコクッキーのほろ苦さが大人の味わいで、美味しく頂きました。

 

準備した130個は完売! 

 

売り上げは、原水禁世界大会の旅費の一部に使わせて頂きます。

ご協力頂きました職員のみなさん、ありがとうございました。

 

社保共同組織委員会

2018.06.11

今年も…

やってきました!「えんどうご飯」の季節。

スタッフから「今年もえんどうご飯炊くの?患者様待っておられますよ!」

と声をかけられました。

 

お粥の上に乗っている豆もどき!

調理師お手製で、ゆがいたえんどうをミキサーにかけて袋詰め。

ホイップクリームを絞るようにお粥の上に絞ります。

味は…もちろん「えんどう」です。

 

 

 

えんどうは長い期間畑で育ち、やっとこの時期に収穫されます。

 

この季節ならではの「味わい」ですね。

 

栄養課

2018.05.28

あわてない・あせらない・あきらめない・・・離乳食の3A

今回の医療懇談会のテーマは「食物アレルギーと離乳期の補完食」。

大人10名、子ども8名のみなさんにご参加頂きました。

 


 

 

離乳食と補完食の違いや、

母乳に不足している栄養素・鉄とカルシウムについて

当院の栄養士がお話ししました。

 

お母さん達からは「なかなか食べてくれない~」「レパートリーがない」と日頃の悩みが…。

でも、栄養士の話しを聞いて、

『離乳食の3A(あわてない、あせらない、あきらめない)』を心がけてみよう!の

気持ちを持っていただけたようで、小児科スタッフ一同 嬉しく感じました。

 

また、実際に市販のベビーフード食のお出汁と、栄養士 手作りのお出汁の味比べもして頂きました。

 


 

 

どちらかどのお出汁とお知らせせずに試食して頂くと……やっぱり手作りのお出汁はうま味があって美味しい!

 

手軽なベビーフード食も悪くはないけれど、こんなに味の違いがあることを知って頂く良い機会になりました。

 

食物アレルギーのお話では、症状や原因などを知って頂くだけでなく、

参加された方の質問からも、いろいろなことを知ることが出来て良かったと感想が出されていました。

 

美容に効果のあるαリノレン酸が豊富な『えごま』のおはぎは、栄養士さんの手作り。

美味しく頂きながらとても和んだ医療懇談会。

 


 

 

ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました。

 

 

小児科

2018.05.18

5/1 初めてのメーデー

ゴールデンウィーク真っ只中の5月1日。

メーデーに参加してきました。

 

民医連スタッフも壇上に

 

お天気も良く汗ばむ陽気の中、綾部駅前広場に到着すると、

人権啓発の歌がアコーディオンの伴奏とともに流れており、

地域の各団体の皆さんがプラカードや幟を持って集まっておられました。

 

メーデーとは、毎年カレンダーにうっすら載っていて(そんなイメージ)、

各地の集会などが映像で流れるのをTVで見る程度の知識しかない私でしたが、

皆さんの切実な訴えを聞いていると共感し考えさせられることばかりでした。

 

 

 

テレビで政治を扱う番組では偉い人たちが、今の日本を語って議論を重ねています。

経済のこと、軍事のこと、犯罪のこと、、、。

その偉い人たちに、メーデーで叫んでいる私たちの主張は届いているのだろうか。

庶民が今どんな暮らしをしているのかを本当に知っているのだろうか。

 

そんな事をぐるぐる、ぐるぐるとずっと考えながら「何かしなくちゃ」と思う貴重な時間でした。

 

 

 

 

よりそい(Y)

1 2 3 4 5 8

pagetop

Copyright(c) Kyoto Kyoritsu Hospital All Rights Reserved

公益社団法人京都保健会 京都協立病院

外来診療 受付時間

午前診 月〜土曜

8:30~12:00

夜診 月・水・金曜

15:30~19:00

診療科によって、休診日や診療開始時間・終了時間が異なりますので、来院の際は下記の「外来診療体制表」で確認して頂くか、お電話にてお問い合わせ頂くようにお願い致します。

外来診療体制表はこちら

公益社団法人京都保健会

京都協立病院

〒623-0045
京都府綾部市高津町三反田1番地

0773-42-0440

お問い合わせはこちら

無料送迎バス運行表

スタッフBlog

ウェブカメラ

小児科 Iチケット

無料低額診療事業