スタッフブログ

2022.11.25

リハビリテーション新人症例発表会2022

 

2022年11月19日(土)に毎年恒例の京都民医連のリハビリテーション新人症例発表会が行われました。

 

今年もオンラインでの開催となり、さまざまな事業所の医師や先輩リハビリスタッフが参加されました。

当院からは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の3名が参加し、リハビリの成果を報告しました。

 

 

 

 

 

入職後、初めての大舞台での発表で、緊張している様子でしたが、無事発表を終えることが出来ました。

 

発表後の質疑応答では、多くのアドバイスや意見をもらうことができ、新人の3人にとっていろいろと気づかされることがあったと思います。

 

今回の発表で学んだことをこれからの業務に生かしていきながら、患者様に向き合っていってほしいです。

 

 

3人とも本当にお疲れ様でした。

                              

 

理学療法士 O

 

 

 

2022.11.15

ACLS(2次救命救急)シナリオコース

2022年11月8日(火) 

ACLS(2次救命救急)シナリオコースを開催しました!

 

急変・心肺停止を発見した時から、当事者の自覚をもって急変に対応するスキル取得のためこのコースを開催しています。

 

今回は窒息、心肺停止事例を振り返り、対応者が一つのチームになり救命をしました。

 

質の高いCPR(BLS)の重要さと、一丸となって蘇生という目標に向かって活動するためのチームダイナミックス、チームダイナミクスが強調されているようにこのコースで、救命のスキル、コミュニケーションを基にチームワークを強化することを学びました。

質の高いCPR(BLS)はこの間培ってきました。

 

 

このコース開催にあたってはハートシム、チョーキングチャーリーを快く貸し出していただいた綾部市立病院さまに感謝しております。

 

この日は皆既月食で天体ショーがみられる日でした。シナリオコース受講の後はさわやかな気分で空を見上げ、月に癒され家路につきました。

 

 

チームHACSのS

2022.10.20

小児科の医療懇談会を開催しました!!

 

2022年10月13日(木)13:30~14:20 小児科の医療懇談会をオンライン(ZOOM)で開催し、5名の方にご参加いただきました。

 

今回のテーマは『インフルエンザとコロナの同時流行に備えて~症状の違いと予防法~』です。

 

インフルエンザ流行前の今、幅広い年代で関心のあるテーマでした。当院小児科の玉本医師から現在流行している新型コロナ感染症(オミクロン株)の症状についての説明やコロナワクチン接種をした方が感染した時に重症化しにくい効果があるため、日本小児科学会もワクチン接種をおススメしているなどの内容で講義がありました。

また、看護師からは当院で10/24~接種開始となる『インフルエンザワクチンについて』説明しました。

 

 

参加者からは

「今、コロナがとても気になっている事柄だったので、現状の情報を聞くことができてとても良かった。」

 

「今年はインフルエンザが流行すると聞いて、子どもだけではなく大人の予防接種の必要性も痛感しました。」

 

など、たくさんのご意見を頂きました。

今後も引き続きオンラインでの医療懇談会を計画しています。

自宅からお子さんも一緒に参加できます。

 

 

次回は3月に開催予定です。ぜひお気軽にご参加下さい♪

 

 

2022.10.12

さつまいも、収穫しました!

春に植えたさつまいも。

 

8月にも途中経過を報告しましたが、10月に入り待ちに待った芋掘りです。

 

 

 

皆さん一緒に・・・というわけにはいかず、それぞれ担当スタッフと患者様2人1組の作業です。

 

 

 

 

 

 

 

葉っぱは青々と生い茂っていましたが肝心の中身は・・・とドキドキの芋掘りでした。

 

掘ってみると大小様々なさつまいもが合計30個以上!!

 

 

みんなで収穫を喜びました。

 

収穫したさつまいもは栄養課さんにお届けし、患者様の食事に使っていただく予定です。

植えていたのは鳴門金時と紅あずま。どちらもきっとおいしいはず。楽しみに待ちたいと思います。

 

来年にむけ、肥料の種類や追肥の時期など皆さんに教えて頂きました。

参考にして来年も頑張ります!

 

作業療法士 F

2022.10.11

秋桜

 

 

病院の階段をバタバタと上がったり、下りたりしている時にふと、目に入り、

その美しさに、その可憐さに、思わず立ち止まって見惚れてしまいました。

 

 

 

忙しいという漢字は『心をなくす』ということを表しているのだそうです。

なくした心と季節を感じさせてくれる秋桜に今日も元気をもらいました。

 

 

 

 

いつもありがとうございます!!!

 

 

 

よりそい支援連携室のKさんへ。

2022.09.22

敬老行事食

 

 

協立病院では9月16日に一足早い敬老の日の行事食を行いました。

 

 

 

皆さんの長寿をお祝いし、赤飯やさまざまなおかずをお弁当に彩よく盛り付けました。

患者様とリハビリスタッフで作成した敬老のお祝いカードも添えて…

 

 

 

 

「赤飯がおいしい!!」や「たくさんの種類があるなあ~」など

いつもとは異なる給食に嬉しいお声をたくさん聞かせていただきました。

 

 

残暑が続きますがお身体などお気をつけてお過ごしください。

 

                                  栄養課

2022.09.16

ジェンダーフレンドリー病院になるために

 

現在病院でジェンダーフレンドリーな病院に向けて取り組みを行っています。

 

普段当たり前と思っていることを見直す、という作業は思ったより大変です。

 

言われたことをトップダウンでするのではなく、職員間でああだこうだと議論しながら、こういう「産みの苦しみ」を経験することで、組織って成長するものだと思います。

 

病院のリハビリテーション課が、課内で「ジェンダーフレンドリー病院になるために」というワークショップを開いてくれました。

 

素敵な取り組みでしたので、紹介します。

 

 

 

院長 玉木

2022.09.15

地域の方からのメッセージ

 

先日、コロナ第7波の中で頑張っている職員に

ささやかな和菓子の差し入れをしました。

 

お菓子1つ1つに粋な熨斗をつけてくださり、ありがたいお言葉の手紙を頂戴しました。

 

 

 

 

病院で働くことは大変だけど、地域の方々も苦しい思いをしながら病院を励まし、

支えてくれていることに気づかされる温かいメッセージでした。

 

 

職員には地域の励ましに呼応してこれからも頑張ってほしいです。

 

 

院長 玉木

2022.09.06

お月見飾り

 

 

 

「秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる」

 

 

 藤原敏行の句のごとく時折吹く涼やかな風に秋の訪れを感じる今日この頃です。

 

 作業療法レクでお月見飾り作りを行いました。

 

 

 

 

作業中は夏の思い出や秋の味覚などの会話が絶えず、作品作りを通して患者様方にも季節の移ろいを感じてもらえたひと時でした。

 

 

 今年の十五夜は9/10(土)です。綺麗なお月様が見られますように。

 

 

作業療法士T

 

 

 

2022.09.06

すくすく成長しています!

 

 

 

春に植えたさつまいもの苗・・・

 

 

 

 

現在はこんな感じに元気に葉が茂っています。

 

 

 

 

 

毎日忘れずに水やりをしている成果でしょうか(笑)

あとは土の中のお芋の成長を待つのみ。

 

畑の先生に色々教えて頂きながら、大きなお芋に育つことを願って、これからもせっせと水やりに励みます!

 

 

 

作業療法士 S&F

 

 

1 2 3 4 5 34

pagetop

Copyright(c) Kyoto Kyoritsu Hospital All Rights Reserved

公益社団法人京都保健会 京都協立病院

外来診療体制表はこちら

診療科によって、休診日や診療開始時間・終了時間が異なりますので、来院の際は上記の「外来診療体制表」で確認して頂くか、お電話にてお問い合わせ頂くようにお願い致します。

公益社団法人京都保健会

京都協立病院

〒623-0045
京都府綾部市高津町三反田1番地

0773-42-0440

お問い合わせはこちら

無料送迎バス運行表

ウェブカメラ

小児科 Iチケット

無料低額診療事業

Facebook