スタッフブログ

スタッフブログ

院長より

2021.01.01

本年もよろしくお願い申し上げます

謹んで新年のお喜びを申し上げます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて2021年初のブログです。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために活動されている、「あやべPCR検査を求める会」の皆さまから、綾部の風景を描いた色紙と心温まるお手紙をいただきました。色紙にある切り絵は、新聞折り込み広告を利用してちぎり絵として作成されたそうです。ありがとうございました。

ここでお手紙の内容を紹介させていただきます。

 

「昼夜を問わず私たちの健康・生活を支えていただいていることに、心より感謝申し上げます。また、皆さんは、全国的な新型コロナウイルス感染拡大のなか、直接対象者と接触する機会が多かったり、どうしても密の場での勤務を余儀なくされるなど、『いつ感染するか』『自分が感染させてしまわないか』等、想像以上の精神的負担をかかえておられると思います。私たち市民を、新型コロナウイルス感染拡大から守りながら仕事をしておられることに対して、患者の言葉しかありません。本当にありがとうございます。

 私たちは「3密」を避け、一人ひとりができることをやっていきます。もちろん、行政に対して物心両面にわたり支援を要請していきます。

 今日は、皆さまの献身的な取り組みに対して応援したく、色紙を作成し持参しました。新型コロナウイルス感染が収束するまで、それぞれの立場で知恵を出し合い奮闘しましょう。」

 

 

新型コロナ感染症に負けず地域の皆さんの健康を守るために、本年も差額ベッド料なし、無料低額診療事業、HPH活動などを通して、住民の側を向いた無差別平等の依頼を一層推進したいと思います。

本年も変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

※「協立病院だより1月号(No168)」はこちらから

2020.12.16

「高齢者栄養療法認定医」を取得しました

ちょっと前のことですが、「高齢者栄養療法認定医」という資格を取得しました。

日本老年医学会から認定を受ける資格です。従来自分のサブスペシャル領域として認識している「リハビリ」「静脈経腸栄養」「高齢者医療」のちょうど重なっている領域の専門性を客観的に示す資格だと考え、この資格取得にチャレンジしたところ、その力量を認めていただけたものと考えています。

これからは、この資格に恥じぬよう、地域の方々の健康増進にますます貢献していきたいと考えています。

 

 

 

院長 玉木千里

2020.11.12

あかた ちかこさん講師 LGBT学習会

2020年10月29日に完全オンラインによる京都北部学術運動交流集会を開催しました。

 

この集会の学習記念講演として現在京都精華大学や大阪人間科学大などで、ジェンダー問題にとどまらず

ティーンの性教育者や恋愛相談屋さんとして幅広くご活躍の「あかた ちかこ」さんをお招きし、

LGBTについての学習会を開催しました。

(あかたさんの紹介はこちらの記事など参考に https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/115297)

 

みなさんは「LGBTを知ってどうすんの?」「LGBTのことについて学ぶのは誰のため?」

「LGBT問題って何が問題?」「カミングアウトが一番しづらい相手は?その理由は?」

「そんならカミングアウトしいひんかったらいいやん、ってどうなん?」「LGBTのなにがしんどいの?」

という問いかけに明快な解答を持っておられますか?

 

今回の講演では、これらの質問を聴講者に投げかけつつ、重いテーマでありながら、

終始テンポの良い大阪弁と大きなジェスチャー、そして豊かな表情によって楽しく語る内容に、

終始笑わされ、泣かされ、圧倒されっぱなしの1時間でした。

 

講義を貫いていたメッセージは、LGBT問題とは「性で悩んでいる可愛そうな人たちの問題」ではなく、

「人権・差別の問題」だということです。

つまり、あなたと私は違うという「違い」を出発点とした「認めあい」ができているかという問題だということ。

そして、「人権を擁護する」ということは「人とは違って当たり前」の自分自身を擁護することに帰結する、ということです。

 

他にも、「性別」と一言で言ってもそこには社会的性別、性自認、身体的性別の分類があり、

その解釈は非常に複雑であること。「性別は揺らぐもの」「自分の性別は他人(ひと)ではなく自分で決めるもの」

などの言葉は医療人としては知っておくべき重要な認識だと感じました。

 

今回の学習を機に、これから病院としてすべての患者さんが「快適」まではいかなくても

「居て不愉快にならない」病院をどうしたら作っていけるかを検討していきたいと強く心に刻みました。

 

※写真は会場や参加者全員でとったスナップショット

 

院長 玉木千里

2020.03.14

在宅介護のプロフェッショナル~家屋評価に同行して~

本日十数年ぶりに当院のリハビリスタッフとソーシャルワーカに同行し、私が受け持つ入院患者の家屋評価に参加した。


患者さんは、もともとADL(日常生活自立度)自立で独居生活をしていたが転倒で骨折し、現在当院の回復期リハビリ病棟に入院中の高齢男性。諸事情により、残念ながら病前より大きくADLを下げ、車椅子移動レベルでの帰宅予定となっている。


そこで目の当たりにしたのは、倒れたときそのままの所狭しとモノであふれた居室をテキパキと片付け、家具の配置を決め、車椅子移動での動線を確保していく在宅介護のプロたちのとても「格好いい」姿だった。そう、それは日頃の病棟での姿とはまた一味違った紛れもないプロの仕事であった。

 

 

私はスタッフのその「格好いい」姿を、ぼーっと突っ立ってただただ羨望の眼差しで見入っていた。そして、帰りは患者さんが病棟で飲むのを楽しみにしているインスタントコーヒーを賞味期限を確認して持って帰ってくるちゃっかりさ。終始脱帽。

 

今回のような経験は普段病棟で仕事をしているとなかなか鍛えることができない、「している」ADLと「しなくてはならない」ADLの隙間を埋める想像力の訓練になる。また、このような過程を終えてすでに何もかもが整備されているご家庭にいくため、実は訪問診療をしていても未整備の状態を想像することはなかなか難しい。

 

今回の訪問を終えて在宅スタッフはいつもこの過程を経て、訪問診療ができる環境をお膳立てをしてくれていることに自然に思いが至った。改めて在宅スタッフに感謝!

 

(写真は患者さんの許可をいただいて掲載しています。)

 

院長 玉木千里

2019.04.02

院長2年目はサプライズから

今日から新年度。院長2年目の初日。

新たな気持ちで院長室に入ってびっくり!

師長室の美女より温かいメッセージと贈り物が…

 

 

力が湧きました。また一年頑張ることを誓います!

そう、ユーモアも大切にします!

 

 

院長 玉木千里(院長の許可を得てFacebookより転載しています)

2019.03.23

長きにわたりありがとうございました

当院で非常勤医師として勤めていただいた青木医師が

今年度末を以って退職されることになりました。

 

青木医師は京都大学大学院医学研究科・疫学分野に所属されており、

総合診療・家庭医医療領域の第一線の研究者でもあります。

 

 

 

本日は、研究者という立場から「総合診療・家庭医医療の研究」というテーマで

最終講義をしていただきました。

医師向けの講演でしたが、青木医師の講義ということで多数看護師も参加しました。

ご自身のやって来られた研究成果やこの領域における最前線を教授いただきましたが、

気付けば医局メンバー全員集合していました。

本当に素晴らしい講義でした。

 


 


 

これまで、長きにわたりご支援いただきましたことを、改めて感謝申し上げると同時に、

今後のご活躍を祈念いたします。

 

医局担当

2019.03.15

諏訪中央病院を訪ねて…私もいつか…

数年来の私の夢の一つ。

あたたかな病院づくりを実践して来られ尊敬してやまない

鎌田實先生がおられる諏訪中央病院見学に、当院の管理者複数名と行ってきました。

 

初日は奥先生に訪問診療、地域のサロンの様子、支援センターなどを見せていただき、

ボランティアの方や市の職員の方と交流しました。

 

 

 

奥先生の地域の多職種と病院を繋いで地域包括ケアを実践する姿は

機動力、突破力、コミュニケーション力、企画力、リーダーシップ力、

総じて家庭医力ともいうべき能力の高さに溢れ、同じ家庭医として自分の至らなさを思い知らされました。

 

 

 

 

昼の学習会では、地域ヘルスプロモーションをテーマに鎌田先生交えてディスカッションしました。

地域支援コーディネーターの方からの視点で

市や中央病院とともに作ってこられたまちづくりを概観していただき

大変参考になりました。

 

 

 

 

午後からの緩和ケア病棟回診では、鎌田先生の存在感、かける言葉の重みと

それらが生むエンパワ力に圧倒されました。

患者さんは鎌田先生と手を触れ、かけられる言葉でまるで魔法にかかったように生命力を吹き返しました。

「私もいつかこうなりたい」また大きな目標ができました。

 


 

この二日間いろいろな方とお話しし、受けた恩に報いるためにも

当院をもっともっといい病院にしたいという思いが一層強くなりました。

 

今回、私の希望に沿って企画をコーディネートしてくださった奥先生はじめ、

総診の先生方には前日の懇親会から文字通り温かいおもてなしで

迎えていただき感謝の気持ちでいっぱいです。

また、2日間留守を守ってくれた本院のスタッフにも感謝します。

 

 

院長 玉木千里

(玉木医師の許可を得てFacebookより転載しています)

2019.02.01

住みなれたこの場所で幸せに暮らせるまちづくりを

当院の協同組織「綾部健康友の会」運営委員さんたちとの新年会。

まちづくりのアイデアについて意見交換できて大変有意義な会でした。

 

友の会を拠点としたアクションリサーチを進める一方で、

行政ともタッグを組んで、市の全体の視点からの地域の健康指標の見える化と

その底上げを図るという双方からのアプローチが、

現時点では最も効率的で有効な方法ではないかと考えています。

 


 

友の会のみなさん。

誰もが生涯に渡ってこの地域で幸福で安心して暮らせるように…。

そんなまちづくりをご一緒に進めていきましょう!

これからもご支援とご協力をどうぞよろしくお願いします!

 

院長 玉木千里

(玉木医師の許可を得てFacebookより転載しています)

2018.12.01

個人の命と人権をアドボケートする役割を確認しながら…

昨日は京都北部の関連事業所が一堂に会して、2年に1回開催される

北部地域学術運動交流集会でした。

 

 

 

これまでは、2ブースに分かれて口演を聞く形式でしたが、

合間の時間にもより多くの演題に触れられるという意見を採用して、

今回からポスター形式で3ブースに分かれて発表する形式が採択されました。

今回のエントリーは特別報告2演題を含めて20演題。

忙しい中、準備をされたみなさま、お疲れ様でした。

 

 

特別報告の1つめは、訪問看護ステーションが資源が少ない地域のニーズに応じて

精神疾患や小児難病の看護に取り組む奮闘と、その裏腹の関係にある潜在的な課題

についての報告でした。

もう1つは難病を抱えた寝たきり女性の「在宅で過ごしたい」という希望を支えた

在宅スタッフの感動的な報告でした。

「俳句によって私は走ったり、空も飛べる」の言葉が心に残りました。

 


 ポスター発表については、病院からは、医局や病棟・外来のほかに栄養課やNST、

リハビリ課からの発表がありました。

内容はアドバンス・ケア・プランニング(ACP)から学術研究まで多様なテーマ

での発表でした。

 

 


 事業所からは、症例検討会の取り組みやいくつかのHPH絡みの報告がありました。

そして個別の事例を深め考察で一般化するという感動的な発表も数本ありました。

 


 

最後の優秀ポスター発表選考では、第3位が4演題もひしめき合うという、

予想外の結果に驚きました。

3位までに6演題も入ったというのは、いずれの発表も甲乙つけがたい質の高いもの

であったという証左と言えると思います。

 


 運営側の準備は大変だったと思いますが、日頃大変な業務と医療情勢のなか、

私達はどんな医療を実現するために、医療従事者としての専門性をどこでどんなふうに

発揮しているのか、またこれからどんな医療を提供していくべきなのか、を再確認する

確かな場になったのではないかと思います。

 

そして、これらの活動を通して、民医連医療の2つの柱

・第一の柱:貧困と格差、超高齢社会に立ち向かう無差別平等の医療・介護の実践

・第二の柱:安全、倫理、共同のいとなみを軸とした総合的な医療・介護の質の向上

 (https://www.min-iren.gr.jp/?p=29774)が着実に実践されているという確信を得る

ことができました。

 

この確信をさらなる飛躍へのエネルギーに変え、効率化や生産性に流されやすいこの時代に、

個人の命と人権をアドボケートする役割を確認しつつ頑張っていくことを約束したい、

そんな一日になりました。

 

 

院長 玉木千里(玉木医師の許可を得てFacebookより転載しています)

2018.10.10

医療学マインドの裾野を広げて

10月6日~7日にかけて、これに参加してきました。

 


 

大きな衝撃を受けた昨年に続いて二回目の参加となった今年は心構えもできていたので、

事例のプレゼン後のディスカッションにも、比較的余裕をもって参加することができました。

 

それでも重いライフヒストリーを背景に語られる物語には不覚にも涙してしまい

心あるスタッフの温かい対応で変化していく患者の姿に感動を覚え、何度も心揺すぶられる感覚を味わいました。

 

そして「どんなに大変な患者さんも変化していく」という事例をみて勇気もでました。

本当に、この学会を創設してくれた方々に感謝します。

 


 

今回は念願の当院スタッフとも一緒に参加することができました。

これを機に当院でも医療学マインドの裾野を広げて、患者に共感できるスタッフの育成に励んでいきたいです!

 

院長 玉木千里

(玉木医師の許可を得てFacebookより転載しています)

1 2

pagetop

Copyright(c) Kyoto Kyoritsu Hospital All Rights Reserved